名古屋駅周辺のビジネスホテル 第1スターナゴヤ 名古屋駅新幹線出口より徒歩3分
ご案内 施設・客室 周辺スポット 観光案内 ブログ よくある質問   HOME
お客様のコメントをお待ちしています!
コメント欄が表示されていない場合は、各記事の下の comments リンクをクリックして書き込みしてください。
Page: 1/333   >>
多分、あまり知られていませんが・・・

毎日、ブログを更新しております。
ホテルの情報だけでなく、
何かをテーマに見つけ、取り上げております。
決して有名では御座いませんが、何か由来ある何かや、
普段、気にも留めなかった何かや、
普段何気になっていた何かや、
聞いたことが有るような何かをテーマに
選んでお届けいたします。

ご覧頂き、(へ〜!そうなんだ!)
感じて頂ければ、嬉しく思います。

スターナゴヤはどこへ移動するのもとても便利です!

名古屋城のカヤ

名古屋城に行ったとき、是非、
ご覧下さいませ!素晴らしい、大木が御座います。


多分、あまり知られていませんが、名古屋城に全国第3位の幹周を
誇るカヤの木があります。カヤは正門を入ってすぐの売店の前にあります。
樹高
16m、目通り幹周り8.1mで、群馬県富士見村の
「横室の大ガヤ」と並んで全国第3位の幹周だそうです。

 名古屋城の初代藩主の徳川義直が大坂に出陣の折り、
このカヤの実を膳に盛って戦勝を祈願したのが始まりで、
後には正月にいつもこの木の実を膳に盛ったそうです。空襲によって
大枝を損傷したが、樹勢を取り戻しつつあるそうです。
やはり、大自然の生命力の強さでしょうか。先の大津波でカキの
養殖に甚大な被害が出ましたが、古くからの言い伝えでは、
津波後の海ではカキが良く育つというそうです。最近のニュースで
カキが例年の倍のスピードで育っているそうです。自然の治癒力の
素晴らしさかなと思います。総ての方々が幸せでありますよう、
心からお祈り申し上げます。第二次世界大戦の空襲で名古屋城とともに
榧の木も半ば焼き尽くされましたが、残った幹半分が甦り、
枝を伸ばし現在の姿にまで回復しました。説明板では、
幹周
/8.1m、樹高/15m、樹齢/600年だそうです。


 

| star-nagoya1 | 07:05 | comments(0) | - | pookmark |
記念の日の雑学をテーマに選びました。

お早うございます。

本日は私共、スターナゴヤのブログをご覧頂き、有難うございます。

毎日、テーマを選び、更新しております。

テーマの選び方はさまざまですが、

皆様の興味を感じるようなテーマを探しております。

 

本日は国内外、記念の日の雑学をテーマに選びました。

ご存知の事も、初めての事もあると思いまますが、

楽しんで頂ければ幸いでございます。
919日・記念日
 
:本日は苗字の日です!!!
1870(明治3)年、戸籍整理のため、太政官布告により
一般市民も苗字を持つことが許されたのがこの日です。
しかし、市民は苗字がなくても不自由しないので、
苗字を名乗ろうとはせず、1875(明治8)年2月13日
(苗字制定記念日)に、すべての国民が姓(苗字)を名乗ることが義務づけられました。

 



花言葉は・・・・?私に触れないで下さい。安楽。心を休める。
ツリフネソウ科の一年草で、花の咲いている様子が、ちょうど帆をかけた小さな釣り船を吊しているように見えることから、この名前がつきました。
 栽培方法は・・・・?実生で増やします。
 北海道〜九州までの山地に自生する野草で、半日陰の湿った所を好みます。
 開花期は810月。
 草丈は5080cmになります
 

| star-nagoya1 | 07:21 | comments(0) | - | pookmark |
私の子供の頃は、季節の旬が食べられる事が・・・

お早うございます。

本日は今が旬の食べ物・食材をご紹介致します。

昔に比べ、随分、食べ物の季節感が

無くなってきている様に思います。

でも、やはり、その季節の

旬の食べ物は三拍子揃っているように思えます。

安い・美味しい・心が豊かになる!

私の子供の頃は、季節の旬が食べられる事が

とても楽しみでした!

今が旬をテーマに調べてみました。

どうぞ、お楽しみ下さいませ!

 

9月〜10

クリ(日本栗・学名Castanea crenata)とはブナ科クリ属の木の一種。
日本と朝鮮半島南部原産。中華人民共和国東部と台湾でも
栽培されているそうです。クリのうち、各栽培品種の原種で
山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と
呼ばれる、栽培品種はシバグリに比べて果実が大粒です。
また、シバグリもごく一部では栽培されるそうです。日本のクリは
縄文時代人の主食であり、青森県の三内丸山遺跡から出土した
クリから、縄文時代にはすでに本種が栽培されていたことが
わかっているそうです。年間平均気温10 - 14℃、
最低気温氷点下20℃をくだらない地方であれば、どこでも栽培が
可能で、国内においてはほぼ全都道府県でみられ、
生産量は、茨城、熊本、愛媛、岐阜、埼玉の順に多いそうです。


 

クリの害虫被害については、平成初期までは、
中国より持ち込まれたクリタマバチの被害が最も問題であり、
農水省果樹試験場(現独立行政法人農業・
食品産業技術総合研究機構果樹研究所)でもクリタマバチ
抵抗性品種の育成を主に育種を行ってきたが、クリタマバチの天敵である
チュウゴクオナガコバチがクリの主産地で放飼されたことにより、
被害が激減し、現在ではあまり問題となっていないそうです。
次に問題となっているのが、クリシギゾウムシによる果実被害である。
これまでは、収穫後の臭化メチルによるくん蒸を主として
防除がなされていましたが、臭化メチルガスは温室効果が高いため
2012年までに全廃される(2005年に全廃であったが、現在まで
不可欠用途申請されている分量のみが使用されているようです)。
したがって、現在、臭化メチルくん蒸の代替技術の確立が必須だそうです。
日本のクリはシナグリに次いでクリ胴枯病に対する抵抗性が高いそうです。

とは・・・・?

ある特定の食材について、他の時期よりも新鮮で美味しく
食べられる時期。また旬の物はよく市場に出回るため値段も
安価になりやすく、消費者にも嬉しい時期です。

出盛り期ともいうそうです。旬は、次の3通りの違った意味で
使われることがある。1:季節を先取りする
はしり
呼ばれるもの。2:収穫量がピークに当たる時期。
3
:素材がもっとも美味しい時期である事。

| star-nagoya1 | 07:19 | comments(0) | - | pookmark |
毎日、何かをテーマに設け・・・

 

お早う御座います。

皆様、毎日、いかがお過ごしでしょうか?

本日はスターナゴヤ、ブログをご覧頂き有難う御座います。

毎日、何かをテーマに設け、

皆様にお届けいたしております。

又、名古屋市内だけでなく、名古屋郊外、
電車や車で数時間範囲の

歴史あるお寺、そして、今の季節には少し早いですが・・
紅葉の名所をご紹介致します。


 

香積寺は、愛知県豊田市足助町にある曹洞宗の寺。
山号は飯盛山。開基は関白二条良基、足助重範の娘・滝野と、
孫である成瀬三吉丸基久・基直(岐阜犬山城城主、尾張徳川家家老、
成瀬氏の先祖)などで、滅亡した足助氏の菩提を弔うために
飯盛山の足助氏の居館(飯盛山城)跡に建立されたそうです。
応永34年(1427年)、白峰祥瑞禅師により開山。
寺号は維摩経香積仏国品から名付けられたそうです。


本尊は聖観世音菩薩。境内には江戸時代後期に建てられた
座禅堂が現存し、本道の脇には開山当時から寺の鎮守として
豊栄稲荷が奉られています。飯盛山中には歴代住職の墓や
十六羅漢の石仏のほか、足助城主だった鈴木氏五代の墓も
現存し、二条良基の死を伝え聞いた滝野が良基の残した
装束を埋めたと伝わる「装束塚」があるほか、山頂近くには
平安時代の末法思想に基づき、仏教の経典や仏具などを
土中に埋めた「経塚」があるそうです。寛永
11年(1634)頃から
11世住職・
参栄本秀(三栄と表記する場合もあり)が
般若心経を一巻詠む毎にカエデスギ1本ずつ巴川沿いの
参道に植えたと伝えられ、この事から地元では「もみじの開祖」とも
呼ばれています。後に
大正から昭和に掛けて地元住民により
植え足された事で
紅葉の名所となったそうです。
25世住職・風外本高は書画に堪能で多くの作品を残したそうです。
香積寺では秋の「もみじ祭り」の期間中だけ収蔵されている
書画を拝観出来るそうです。

愛知県豊田市足助町飯盛39

 

名鉄電車はスターナゴヤからは10分〜15尾運程度に
名鉄名古屋駅が御座います!

 

名古屋鉄道豊田市駅
名鉄バス足助行きで70分、バス停:香嵐渓下車、
徒歩8分!
お車の場合は東海環状道豊田勘八IC15km25分です。

 

| star-nagoya1 | 07:19 | comments(0) | - | pookmark |
ある観光施設です。

おはようございます。
私共のHPで名古屋の雰囲気やホテルの
雰囲気を感じて頂ければ、幸いでございます。
毎日、名古屋や愛知県に関係する何かをテーマに
選びブログお届けいたしております。
本日は愛知県下,
観光施設をテーマに選びました。

愛知県にも大切にしなくてはいけない場所があります。
愛知県下の自然素晴らしき町です!
お時間が許されましたら、お出かけ下さいませ。
素敵な時を感じる事ができるかもしれません!

三州足助屋敷とは、愛知県豊田市(旧足助町)にある観光施設です。
1980
年に開館し、消えゆく昔の日本の暮らしや風景を提供すると
共に、技術の伝承を行うことを目的としているそうです。
屋敷本体は茅葺屋根の古民家に見えますが、移築ではなく
新築されたものです。民俗資料館的な施設ですが、
実際に職人が鍛冶、機織、炭焼、紙すきなどの数多くの
手仕事を実演している点で、他の資料館とは違う
臨場感を見る者に与えてくれるそうです。
年配から遠足の児童まで、幅広い年代の観光客が訪れますが、
トヨタ自動車に海外から視察にやってくる外国人
(一説には年間数十万人という)の一部も訪れるそうです。


営業時間午前9時〜午後5時(入場は4時30分まで) 
休園日毎週木曜日(木曜が祝日の場合は翌日の金曜日)
年末年始(12月25日〜1月2日)6月の第三水曜日 
入園料 大人 500円 小・中学生・高校生 200円 
所在地 愛知県豊田市足助町飯盛36番地

<名古屋駅から>
[ 浄水経由=名古屋の地下鉄+豊田新線に乗る方法 ]
名古屋(名古屋市営地下鉄名城線:2分)伏見
(名古屋市営地下鉄鶴舞線豊田市方面:25分)(赤池)
(豊田新線:13分)浄水(さなげ足助バス百年草行き:
59分・1時間に1本)香嵐渓(徒歩:10分)
足助屋敷*地下鉄伏見〜浄水は2本に1本の割合で直通電車あり。
*さなげ足助バスは、四郷駅(愛知環状鉄道)、猿投駅(名古屋鉄道)を通ります。
<名古屋・大阪方面:名古屋I.C.から>
名古屋IC→(長久手方面:約15分)八草I.C.
(猿投グリーンロード:約15分)力石I(国道153号線:約15分)
香嵐渓(徒歩:10分)〜足助屋敷
 

 

| star-nagoya1 | 07:14 | comments(0) | - | pookmark |
7段の滝となっている事から・・・

おはようございます。
私共、スターナゴヤHPをご覧下さり、
重ねて御礼申し上げます。以前スターナゴヤにご宿泊頂いたお客様!
又、初めてスターナゴヤにご宿泊頂けるお客様、
毎日、愛知県や名古屋市に繋がる何か関係するテーマに選び
ブログを更新しております。
本日のテーマは愛知県下の滝をテーマに選びました。
大自然は残す、残さなくてはいけないと思います。
愛知県下の自然を感じて頂ければと願っております。
どうぞ、お楽しみ下さいませ!
阿寺の七滝は、愛知県新城市の阿寺川にある滝。滝および
周辺は国の名勝および天然記念物に指定されています。
日本の滝100
選の一つです。自然林内の礫岩の断層にかかる
7
段の滝となっている事から、七滝と名付けられたそうです。
この礫岩は子抱石といわれ、祀ることで子宝に恵まれるとの伝承があります。
なお、滝の竜神は雨乞の神として信仰されています。
上から2番目・5番目の滝壺には深さ7メートルにおよぶ甌穴があります。
また陰陽師の安倍晴明が若年期に滝で修行したという伝説があり、
晴明が使ったという井戸が現存します。JR東海飯田線三河大野駅から
市営バス20分、七滝口下車、徒歩約15分です

阿寺の七滝は、日本の滝百選の1つにも選ばれ、今から約70年前の
昭和9年1月22日に国の名勝および天然記念物の指定を受けました。
  この滝は、全長62メートルで約40メートルの落差があり、
水がここを流れ落ちる間に水圧によって岩が削られた甌穴
(おうけつ:ポットホール)を持ち、七段の滝を作り上げているところに
名前の由来があります。 また、滝までの沿路脇には、地震によって
割れた石が長い年月によって自然にくっついた「くいちがい礫(れき)」
や岩の中に小石を含んだ「子抱き石」とも呼ばれる礫岩が見られます。
巣山高原から流れ落ちる水が、礫岩の断層崖に7段の滝となり、
これが阿寺の七滝です。礫岩にかかる滝としては学術上貴重なものとされ、
昭和9年1月22
日名勝天然記念物に指定されています。
この礫岩を子抱石といい、子供が授かる伝説があるそうです。
妖怪の伝説もあるそうです。

片脚上臈とは・・・?
愛知県八名郡山吉田村(現・新城市)に伝わる妖怪。

栃の窪という地からハダナシ山という山にかけて現れるという、
美しい上臈姿の片脚の妖怪。紙製の鼻緒の草履を履いた者が
いると、その片方を奪うという。山吉田村の阿寺には栃の窪を
水源とする阿寺の七滝という滝があり、そこには不妊の女性に
子宝の霊験のある子抱き石という石があったが、そこへ行くには
紙緒の草履を履いていかなければならないとされ、
そのような女性が片方の草履を奪われたという。また山中で、
猟師が獲物を一時的に置いて水を飲みに行ったときなど、
その隙に獲物を奪い取るともいい、獲物から離れなければならないときなどに、
猟銃と山刀を十字に組んでおくか、袢纏をかけておくと、
片脚上臈の怪異を避けるまじないになるという。獲物を奪うのは
山男の仕業ともいわれるが、実際には山犬の仕業との説もある。


所在地〜新城市下吉田字ハダナシ
交通〜JR飯田線本長篠駅前バスターミナルから市営バス七滝口下車徒歩10
 

 

| star-nagoya1 | 07:01 | comments(0) | - | pookmark |
池には伝説が有るそうです!

 

初めに、スターナゴヤHPをご覧下さり、

心より感謝申し上げます。
毎日、名古屋に関係する何かを取り上げております。

毎日、名古屋にこだわらず、愛知県下や、
中部地方をテーマに選んでおります

又、毎日違うテーマでお届けしていますブログです。

過去のブログ含め、お楽しみ頂ければ幸いで御座います

感じて頂ければ、幸いでございます。

今日のテーマは愛知県の隣の県、
岐阜県からテーマに選びました

夜叉ヶ池は、岐阜県と福井県の県境付近にある池。
1986年に「岐阜県の名水50選」に選定されています。
岐阜県揖斐郡揖斐川町と福井県南条郡南越前町との境の、
標高
1,099 mの山頂付近に位置する(三国岳系統の山)。
周囲は原生林におおわれている。数十万年前に起きた
地滑りによってできた窪地に雨水や周辺の山からの伏流水が溜まり、
池になったと考えられているそうです。

 

池からの河川の出口がなく、伏流水となって周辺に湧き出でるため、
九頭竜川の支流の一つ、日野川(福井県)の水源地といわれている。
昔より、雨乞いが行われていた池であり、畔には奥宮夜叉龍社が
あります。ヤシャゲンゴロウ(夜叉ヶ池だけに棲む固有種)
絶滅危惧種が生息しているそうです。以外にもモリアオガエル、
アカモノ、カタクリ、ミツバチ、チグリトクワカソウ、ニッコウキスゲ等、
中部地方のの低山でありながら亜高山植物が多く、
多種の昆虫も多いそうです。


夜叉ヶ池には伝説が有るそうです!

 

1つ目は〜817年(弘仁8年)、この年の美濃国平野庄
(現岐阜県安八郡神戸町)は大かんばつに見舞われ、
あらゆる作物は枯れる寸前であった。ある日、
郡司の安八太夫安次は、草むらの中に小さな蛇を見つけ、
ため息まじりで、「もしそなたが雨を降らせるのなら、
私の大切な娘を与えよう。」と語った。


するとその夜、安次の夢枕に昼間の小蛇が現れ、
「私は揖斐川上流に住む龍神だ。その願いをかなえよう。」と語った。
すると、たちまちのうちに雨雲がかかって大雨が降り、
作物は生き返り村は救われた。翌日、約束どおり娘をもらう為、
小蛇(
= 龍神)は若者の姿に変えて安次の前に現れた。
安次には
3人の娘がいたのだが、安次が娘たちに事情を話すと
、一番心がやさしい次女(三女の説もある)が、
「村人を救っていただいたからには、喜んでいきます。」
と答えた。驚いた安次は、「何か必要な物はないのか。」
と問うと、娘は、「今、織りかけの麻布がありますから、
これを嫁入り道具にいたします。」と答えた。
こうして娘は龍神の元へ嫁ぐことになり、麻布で身をまとい、
若者(
= 龍神)と共に揖斐川の上流へ向かっていった。
数日後、心配した安次は、娘に会う為に揖斐川上流へ向かった。
やがて、揖斐川上流のさらに山奥の池に龍神が住むという
話を聞き、その池にたどり着いた。安次は池に向かい、
「我が娘よ、今一度父に姿を見せておくれ。」と叫んだ。
すると、静かだった池の水面が波立ち、巨大な龍が現れた。
龍は、「父上、これがあなたの娘の姿です。
もうこの姿になったには人の前に現れる事はできません。」と
告げ、池の中に消えていった。

安次は龍となった娘を祀る為に、池のほとりと自宅に、
龍神を祀る祠を建てた。この娘の名を“夜叉”といい、池の名を娘の
名より“夜叉ヶ池”と名づけたという(娘の名は不明で、
後から池の名から“夜叉”とおくられたとの説もある)。
安八太夫安次の子孫は現在も岐阜県安八郡神戸町に健在であり、
今は石原姓を名乗っている。岐阜県安八郡神戸町大字安次に
ある自宅には、安八太夫安次と夜叉を祭る夜叉堂がある。
夜叉堂参拝する際、個人宅の為、事前に連絡し予約が
必要である。また、夜叉姫は、夜叉龍神社にて
夜叉龍神という名で祀られている。

 

アクセスは〜岐阜県揖斐郡揖斐川町にある、
夜叉ヶ池登山口駐車場から、約3km(徒歩約90分)。
ハイキングコースだが険しい箇所もあり、ある程度の準備は必要。

 

| star-nagoya1 | 07:33 | comments(0) | - | pookmark |
建材には主に松が使われ,屋根は茅葺きの寄棟造である。

久しぶりに名古屋をご訪問くださるお客様、
始めて名古屋をご訪問くださるお客様、
より名古屋が身近に感じて頂ければ幸いです。
本日は名古屋市内ではございません。
名古屋近郊の都市でテーマを見つけました。
本日のテーマは有名な観光名所ではございませんが、
残っていけばよい、素晴らしい建築をご紹介致します。

市木辻堂

お堂(市指定有形民俗文化財)の大きさは,間口2間半(4.5m)・奥行き2間(3.75m)で,
建材には主に松が使われ,屋根は茅葺きの寄棟造である。
周りからの見通しがよいことから「四つ見堂」とも呼ばれていました。


境内の北端には,1810年(文化7)の記銘のある石の常夜灯があります。
辻堂の建築時期は明らかではないが,この常夜灯と同じころに建てられたと考えられます。
かつてこの常夜灯辺りで,善光寺街道と古瀬間街道が交わっていたそうです。
辻堂はこうした道辺に建てられたお堂で,街道を行き交う旅人の一時の休憩所であり,
市木集落の人々のくつろぎの場であったと思われます。

  お堂の正面奥には観世音菩薩が祭られています。ま
た右奥には,雨ごい行事に使った鶴亀の板がある。この板は欅の板で,
鶴と亀が浮き彫りになっています。長い間雨が降らない時には辻堂近くの
市木川でこの板を洗い,村中総出でお祈りをしたということだそうです。
霊験あらたかで,お祈りするとたちどころに雨が降り始めたと言われています。

市木町のバス停から北東(鞍ケ池方面)へ向かって歩くと,
すぐ右に辻堂の屋根が見える。お堂に上がり,
見上げると茅葺き屋根の構造がよく分かるそうです。

<所在地> 豊田市市木町神明20(名鉄三河線豊田市駅下車,
名鉄バス矢並線足助行乗り換え市木町下車,徒歩1分)

 

| star-nagoya1 | 07:11 | comments(0) | - | pookmark |
河童伝説!

おはようございます。
私共、スターナゴヤHPをご覧下さり、
重ねて御礼申し上げます。以前スターナゴヤにご宿泊頂いたお客様!
又、初めてスターナゴヤにご宿泊頂けるお客様、
毎日、愛知県下や名古屋市内に繋がる何かをテーマに選び
ブログを更新しております。
本日は名古屋市内、とても、ご利益があるとされる
神社をテーマに選びました。言い伝えがある神社だそうです!!


塩竃神社の河童伝説!
 
言い伝えでは、山王橋の西北角の橋からお尻を川面に映すと、
痔の悪い人はこの神様が治してくれたという。キュウリやスイカを供えて
祈願すると、更に霊験があらたかだそうです。
また、この神様は、夏になると川の土手で子供たちと甲羅干しをしたり、
一緒に遊んだりするなど、子供の守護神でもあったというそうです。


 
塩竃神社の無三殿社に河童伝説があることは知る人には知られているそうです。
河童はもとは水を支配する神の化身でしたが、ここの河童は人の痔をなおすそうです。
明治45年の江川線の敷設工事で出土した石がご神体。河童伝承は清き流れの堀川への憧憬でもあります。

日置の起源には諸説があるそうです。日置はチャム語では泣女のことで、
日置川(熊野川の下流)の日置部では安宅
(あたき)という官職を設け、
泣女を使いケガレを清める役目を持っていました。この部落に住んでいた部族を
日置部の祖とする説をあげています。また、日置部を「き」族だとする説があるそうです。
「日本書紀」にも侏儒を「ひきひと」と訓
()ます実例があります。「ひき」とは
引田、引出、引津などのように低地帯を指す古語です。日置の分布からみても、
海岸地方に多いところから、き族はアイヌ伝説中にあらわれてくる
コロポックルとされているネグリートの一部ではないかと、推定しているそうです。

この村のうち、江川と笈瀬川の間が、現、中川区の行政区内になっている。
この村の周辺は湿潤な土壌を利用して藺の植え付けが盛んであったそうです。

 
塩竃神社
名古屋市中川区西日置一丁目7番10号に御鎮座され、昔、日置枝郷と称し、
僅か7戸程の空地に産土神として奉鎮されました。

塩竃神社の御祭神は塩土老翁神・武甕槌神・経津主神の三神を御奉祀する。
延命長寿・交通安全・産業開発・特に安産・虫封の守護神として
御神徳高く全国より崇敬尊信せらる。

神話に、海幸彦・山幸彦の物語の中に、山幸彦(御本名を彦火火出見命)
ー神武天皇の御祖父ーが、大切な釣り針を失って困っていらっしゃる時、
白髪の老人がお出になって、易々と事難を解決なされて、御難儀をお救いになった
そのお方が塩土老翁神で、「東方に良い地がある。ここに都をお遷しになって、
天下を正しく治めになれば、末永く栄える、弥栄の国となる。」ことを、お教えになり、
御自身で進んで御案内申し上げて、日向の国を立たせられ、大和の国にお進みになって
橿原に都をお定めになりました。その後東国鎮護として、今の奥州にお進みになり、
土地を開拓して、産業を興し奨め、また初めて海水より塩を造ることをお考えになりました。

天照大神のお使いとして、出雲の国に渡られ大国主神と御会談、戦争をなさらず、
平穏裡に、国譲りの大業を成し遂げられ、国土開発と住民の安寧福利とに
御努力された武士の神であります。

よく三代の神にお仕えになり(延命長寿)、
しかも国土の弥栄の基を予言し実行され、如何なる難事も易々と解決に導き、
しかも成就し(安く産みまとめる)、また1日も欠くことの出来ぬ塩の製法をお授けになり、
土地を拓き、産業を興し、増産に御努力(殖産興業)なされた神。
或いは武士の神でありながら戦いをいとい、平和裡に国土を治めになって、
武の真意と武人のあり方とをお教え下さった高い御神徳の神様である。

由緒は〜社伝によれば、慶長15年(1610)名古屋城築城に際し
工事無事遂行を祈願し、尾張藩士岩田藤忠奥州一宮塩竃六所大明神を勧請して、
堀川の淵に社地を定め奉斎する。築城関係の諸大名の崇敬特に篤く、
福島正則は手洗盤を寄進した。延宝年間(1673〜80)
尾張藩主松平泰久境内を整え社殿を改修する。文化13年(1816)
秋百姓善蔵日置村字巾に移し祀る。天保6年(1835)9月字中田の現在地に遷し同村の
氏神として奉祀し、昭和5年社殿を改築造営する。同年10月村社に列し、
同11年10月指定村社となる。

境内社には神明社、津島社、秋葉神社、無三殿社、白光竜神社、
塩玉稲荷社、清雪社がある。

5月3〜5日に安産・虫封じの育児大祭があり、釜型の土鈴を授けているそうです。
また、境内社の無三殿社は全国でも数少ない痔に霊験のある神として
河童伝説と共に有名です。


 
余談ですが!!!スターナゴヤ近くの椿神社のも河童伝説がございます!
スターナゴヤの所在地、椿町!椿町の神社の河童伝説です!!

由緒〜創建年は分かりません。東に笈瀬川という川があり、
この笈瀬は「御伊勢」という意味だそうです。
昔からの言い伝えでこの川には河童がいて、
子どもに化けては相撲をとり負けたことがなかったそうです。
近くに住む老武士に悪さを仕掛け逆に取り押さえられましたが、
命は助けられ笈瀬川に逃げ込み、それからは姿を現さなくなったとの言い伝えがあります。

 

| star-nagoya1 | 07:26 | comments(0) | - | pookmark |
銀杏を食べると、母乳の出がよくなるそうです!

毎日、テーマを変え、何かのテーマにお届けいたしております。
スターナゴヤはJR名古屋駅太閤通出口、新幹線出口から徒歩3分〜5分に
第1スターナゴヤ、第2スターナゴヤ、ニュースターナゴヤの
3館が御座います。基本的サービスは3館ともに同じです!
お客様、雰囲気にて、私共、スターナゴヤをお選び頂ければ幸いで御座います。
又、ご要望など御座いましたら、お気軽にフロントにお尋ね下さいませ。

龍照院

銀杏を食べると、母乳の出がよくなるそうです!

 

天平5年(733)行基菩薩が本尊に十一面観世音菩薩を奉安し創建したそうです。
鎌倉時代初期1182年木曽義仲朝臣が七堂伽藍及び十八坊を建立し、
その中央に蟹江山常楽寺を置き、ここに現在の御本尊十一面観世音菩薩を安置、
栂尾の明恵上人を中興開山とされています。当時の境内は、7万2千坪、
寺領約30万坪あったそうです。歴史も移り、天正12年(1583)
6月蟹江合戦の時、本堂(常楽寺)龍照院、鎮守を残し他は兵火により灰と帰してしまったそうです。

その後、盛時に復することなく、龍照院一坊のみで御本尊をお守りしてきましたが、
明治初年の神仏分離、廃仏毀釈、寺領上地等の為境内、寺領共、御本尊様の
宝前に常燈を供え奉るだけの状態となりました。明治24年(1891)の
濃尾地震では、数百年を有した古刹本堂、客殿庫裡など全て倒壊、
時の法印仰蓮大和尚の悲痛は如何と思われます。幸いに、六十八世政覚大和尚、
当山復興を発願、僧正は「生き仏け」と言われた大徳で檀信徒の帰依を得て、
本堂、客殿庫裡を再建し、完成間近に遷化されました。


しかし、遺弟六十九世政降大和尚、その後薫となり先師の遺業を達成し、経堂、鐘楼の寄進を得ました。

奈良時代に行基が草創したと伝わる龍照院は,正式には
「蟹江山常楽寺龍照院」と言います。この寺の本堂は,平安時代末に木曽義仲が平家を
倒すことを祈願して建立されたそうです。本尊の十一面観音像は,
義仲が作らせたという説があり,国の重要文化財に指定されている。
義仲の没後,妻の巴御前は義仲に縁のあるこの寺に身を寄せ,
義仲の死を弔ったそうです。その時,建てさせた大日堂は,
後に改修されましたが,今も境内に残されているそうです。


また,寺の庫裏の奥には,樹齢400年以上ある銀杏の木があり,
「太閤お手植えの銀杏樹」とされています。枝は乳が垂れたようになっていて,
この銀杏の実を食べると母乳の出がよくなると伝えられているそうです。
龍照院は,尾張三十三観音第十三番札所でもある。

 

<所在地> 海部郡蟹江町大字須成字門屋敷上1364 JR関西本線蟹江駅下車徒歩15分)

 

| star-nagoya1 | 07:17 | comments(0) | - | pookmark |

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

スポンサードリンク

プロフィール

オススメ

検索

最近のエントリー

コメント

月別

リンク

その他

無料ブログ作成サービス JUGEM

モバイル

qrcode
館内施設のご案内
HOME ご案内| 施設・客室| 周辺スポット| 観光案内| ブログ| Q&A| ご予約| 交通案内| 系列ホテル| お問合せ
名古屋駅周辺のビジネスホテル 第1スターナゴヤ 名古屋駅新幹線出口より徒歩3分 名古屋市中村区椿町11-1
Tel.052-452-0111 Fax.052-452-0117
pagetop
 
ご予約 - 第1スター名古屋の宿泊予約
交通案内 - 名古屋駅新幹線出口より徒歩3分
系列ホテル - 名古屋駅周辺の系列ビジネスホテル
フレンドシップホテル - ビジネスホテル・スターナゴヤがお薦めする素敵なホテル
お問合せ - ビジネスホテル第1スターナゴヤへのお問合せ
Copyright 2005− Star Nagoya All Rights Reserved.
ご予約 ビジネスホテル・スターナゴヤグループトップ 名古屋駅から徒歩3分 STAR NAGOYA GROUP - 名古屋駅周辺のビジネスホテル 第1スターナゴヤ 名古屋駅新幹線出口より徒歩3分と、ビジネスや観光の拠点に便利。 名古屋駅周辺のビジネスホテル 第1スターナゴヤ 名古屋駅新幹線出口より徒歩3分 pagetop ホームページへ